善玉菌と悪玉菌の理想的な比率。悪玉菌はゼロの方がいいの?

スポンサーリンク

 

人間の腸には大きく分けて善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種類の菌が存在しています。これらの菌は細かく分けると数百種類にも上り、腸の中には役100兆もいると言われています。菌のバランスや働きによって、腸内環境は良くも悪くもなります。腸内環境が悪い方に傾くと、お腹の不調だけでなく、肌荒れや老化も引き起こしてしまうのです。腸内細菌の働きと理想的なバランスを知って、キレイへの第一歩を踏み出しましょう!

 

 腸内細菌は大きく分けて3つに分けられます。まず、体にとって良い働きをする善玉菌。悪い働きをするのが悪玉菌。どっちにも属さず、どちらか優勢な方の手助けをする日和見菌。そして、この3つの菌の理想的な比率は善玉菌2・悪玉菌1・日和見菌が7と言われています。

悪玉菌はゼロの方がいいの?

 スポンサーリンク

 

では、悪玉菌は全くない方が良いか?と聞かれたら、答えはNOです。実は悪玉菌にもしっかりとした役割があります。悪玉菌が増える原因のお肉で例えてみましょう。お肉を食べると悪玉菌が増えるという事は、別の見方をすれば、消化するために悪玉菌が増えるということ。

 

つまり、悪玉菌が無ければお肉を消化することが出来ないというわけです。

 

またそれ以外にも、悪玉菌は感染症の予防などにも必要だと言われています。生まれたての赤ちゃんの腸は無菌状態なのですが、自分で呼吸をしたり母乳やミルクを飲むことで、自然と悪玉菌が体内に入っていきます。実はその悪玉菌によって免疫ができ、強い体が出来上がっていくのです。

 

そもそも、善玉菌や悪玉菌は腸の中で減ったり増えたりを繰り返しますが完全にゼロになるという事はありません。悪玉菌は増えすぎると体に悪い影響を及ぼしますが、良いバランスを保っていれば悪さをすることもなく、むしろ必要な存在でもあるのです。

 

良いバランスを保つためには

善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つの菌は、バランスがとても大切という事が分かりました。では、良いバランスを保つためにはどんなことを気を付けたら良いのでしょうか? その答えがこちらです。

 

  • バランスの良い食生活
  • 適度な運動
  • ストレスを溜めない

 

 

食べたものとは直接的に腸内環境に関係していきます。毎日カップ麺や菓子パンなどのジャンクフードで食事を済ませてしまっては、必要な栄養素が欠乏し体調も悪くなり、肌にも一切良い事はありません。野菜、果物、発酵食品などをバランスよく取り入れていくことがとても重要です。

 

また、適度な運動を心がけることで、お通じがよくなり腸内の環境が整いやすいです。

 

直接的な関係が無いようにもみえますが、ストレスを溜めないということもとても大事。実は、腸というのはとってもデリケートな部分です。強いストレスが加わると、自立神経の乱れから長官の働きが崩れてしまいます。緊張でお腹が痛いという事を良く耳にしますが、あれも、実際に体の中で何か変化が起こっているからこそ現れる症状なのです。

 

まとめ

  

いかがでしたか?腸内の菌にはそれぞれの役割があり、理想的バランスを保つことで健康な体が出来ているという事が分かりましたね。悪玉菌が悪者だからと言って、お肉を一切食べない。他にも、善玉菌を増やすために発酵食品ばかり食べるなど、そういった極端な捉え方は好ましくありません。適度な量をバランス良く。そして、ちょっとした運動と心の健康が合わされば、内側からのキレイが実現すると思いますよ!

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す