さくらんぼの栄養と美肌効果!手軽で美味しくキレイになろう

スポンサーリンク

 

さくらんぼは、赤くてかわいらしいそのフォルムから「赤い宝石」とも呼ばれるフルーツです。ほんのり甘酸っぱくてつるんとしたその触感。皮を剥く手間もないため、手軽でいくつでも食べられますよね!でも、さくらんぼの栄養ってあまり聞かない。一体どんな効果があるのでしょう。今回は、さくらんぼの栄養と美肌効果について見ていきたいと思います。

さくらんぼの栄養って聞いたことがないな。いったいどんな効果があるんだろう。

さくらんぼはおいしくて手軽に食べられるため、フルーツの中でも人気が高いもののひとつだと思います。管理人も『私の好きなフルーツランキングのベスト3』にランクインするくらい、さくらんぼが大好きです。さくらんぼはおいしいだけでなく、肌にもとっても良い効果を発揮するんですよ!

 

さくらんぼに含まれる主な美肌成分はβカロテン・ビタミンC・鉄分などがあります。βカロテンには抗酸化作用があり、肌の酸化を防ぎシミやシワ、更には紫外線による肌の酸化も防ぐ効果が期待できます。ビタミンCに関しては、コラーゲンの生成を助ける働きがあるため、肌のハリを良くしたり毛穴を目立たせなくする効果が期待できますよ。

 

また、貧血予防などで知られている鉄分ですが、実は鉄分には頼もしい美肌作用が存在します。それはシミの予防

 

シミは活性酸素から肌を守るために、メラニン色素という形で出てくる防御作用です。紫外線を浴びると大量の活性酸素が作られますが、これを抑えることができるのが「カタラーゼ」という酵素。そして、このカタラーゼを作るためには鉄分が必要不可欠なんです。さくらんぼにはカタラーゼを作るために必要な鉄分が豊富に含まれています。

 

ビタミンCと一緒に摂ることで鉄分の吸収が良くなりますので、二つを同時に摂ることができるさくらんぼは手軽かつ、高い美肌効果が期待できそうですね

 

おいしい上に美肌効果もあるなんて最高だね!

美肌以外にも嬉しい効果がいっぱい

スポンサーリンク

 

上記で説明したβカロテン、ビタミンC鉄分以外にも、「アントシアニン」「クエン酸」「ソルビトール」「カリウム」といった栄養素が含まれています。これらの栄養素によって、様々な体の不調を改善する効果が期待できるのです。

疲れ目 貧血 冷え性 

便秘 むくみ

 

 

アントシアニンは疲れ目の改善。鉄分は貧血予防。クエン酸は代謝を良くする効果があり冷え性にも効果があります。ソルビトールは便秘薬にも使われる成分であり、果物の天然の力で便秘の改善に役立ちます。ソルビトールとカリウムの相乗作用によってむくみの改善にも効果があるんです。それぞれの栄養素や相乗効果によって、美肌以外にも嬉しい効果がたくさん期待できますよ。

 

女性には特におススメの果物だね!

さくらんぼを食べる際の注意点

サクランボは全体重量の80~83%程度が水分で、15%程度が糖質と言われています。果物の中では糖質量が多くカロリーもやや高めです。おいしいからといってたくさん食べてしまうと、糖分を摂りすぎてしまうようです。また、さくらんぼに含まれるソルビトールは便秘を改善する効果がありますが、摂りすぎた場合はお腹が緩くなってしまう危険性もあるので、さくらんぼの食べすぎには注意が必要ですね。

 

まとめ

いかがでしかたか?さくらんぼには美肌効果や、それ以外にも女性に嬉しい栄養素が含まれているという事が分かりました。見た目も可愛く、手軽でおいしいさくらんぼ。美味しくて美肌効果もあるなんて、こんなにうれしいことはありません。お店ではちょっとおかしを我慢して、さくらんぼを手に取ってみて!赤い宝石がきっとあなたをキレイにしてくれますよ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す