腸内環境を整える食事とは?美肌のための3つの約束

スポンサーリンク

 

腸内環境と肌はとっても深い関係があります。肌は体内の不調を知らせる役割をもっているため、体の中でトラブルが起これば、すぐに顔色や吹き出物などで危険のサインが現れます。体の中が健康になれば肌はもっとキレイになるはず。腸内環境を整えるためのには、これから説明する3つの約束を守っていただきたいと思います。その約束を意識しながら生活することで、こんな嬉しい声も挙がっています。

腸内環境を意識してから吹き出物が出来にくくなりました。

化粧のノリがいい感じ!

便秘が解消されて毎日身体が軽い!

ダイエット効果もあるみたい。

美肌は健康な体づくりから。健康の事を考えると料理も楽しくなります。

 

その約束事とはいったい何なのか、早速見ていきましょう!

 

ジャンクフードの食べすぎは悪玉菌を増やす原因となります。ジャンクフードとは、栄養価がほとんど無くエネルギーや塩、脂肪が大量に含まれる食品のことです。ジャンクフードとはファストフード店のメニューだと誤解されがちですが、これは間違い。ファストフードに限らず、即席めんやスナック菓子はもちろんのこと、加工食品、アイスクリーム、菓子パンやケーキもジャンクフードに位置付けられるのです。

 

これらの食材にはビタミン・ミネラル・食物繊維と言った、腸内環境を整える栄養素が著しく欠乏しています。またジャンクフードの特徴として、トランス脂肪酸が多く含まれている傾向があり、このトランス脂肪酸が悪玉菌を増やすと言われています。

 

こういったものは必要以上に摂らないよう注意し、時々の楽しみ程度に取り入れるようにしていきましょう。

腸内環境を意識してから自然とヘルシーなものを選ぶようになった。ダイエット効果も期待できそう。

お肉を食べる時は必ず野菜も一緒に

スポンサーリンク

実は、お肉の食べすぎは腸にとって非常に良くないことなのです。お肉をたくさん食べた場合、腸の中でウェルシュ菌という悪玉菌が増えてしまいます。ウェルシュ菌というのは非常に厄介な菌で、便秘、肌荒れ、肥満など、多くのトラブルを誘発する菌です。

 

でも、美味しくてみんな大好きなお肉。また、たんぱく質やビタミン・アミノ酸も含まれているため、健康な体作りには欠かせないのも事実です。

 

だから、お肉を食べる時は必ず野菜も一緒に摂る事がとっても重要。なぜ、野菜が良いのかと言うと、野菜は腸内の善玉菌のエサになるため、お肉を一緒に摂ることで悪玉菌の過剰な増殖を防いでくれるからなのです。

お肉と野菜は相性ばっちり!美味しくヘルシーに食べられるね!

 

乳酸菌を積極的に取り入れよう

乳酸菌を含む食材を食べることで腸の中の善玉菌を増やすことができます。乳酸菌はヨーグルトや納豆、チーズなどの発酵食品に多く含まれています。こういったものを積極的に取り入れるようにすることで、腸の中の善玉菌が増え腸内環境に良い効果が期待できるでしょう。

 

また、取り入れた乳酸菌などの善玉菌を活性化させる食べ物もあります。それが、オリゴ糖を含んだ食材です。乳酸菌と一緒に取り入れることでより高い効果が期待できます。

 

オリゴ糖を含む食品は、キャベツやバナナが有名です。また、食物繊維のイメージが強いごぼうにもオリゴ糖が含まれています。また、食物繊維にはお通じをよくする効果があるので、食物繊維を豊富に含んだかい海藻やキノコも積極的に取り入れると良いでしょう。

便秘が解消されて吹き出物が出来にくくなった!

まとめ

いかがでしたか?腸内環境を整えるための3つの約束をもう一度おさらいしましょう。

 

  • ジャンクフードの食べすぎは禁物
  • お肉を食べる時は必ず野菜も一緒に
  • 乳酸菌を積極的に取り入れよう

 

これらを意識しながら食生活を送ることで、腸内環境にとっても良い変化が期待できると思います。その変化は、自分の肌を鏡で見て実感していただければと思います(^^)

 

コメントを残す