スキンケアは何もしないで美肌になれるって本当?乾燥肌は?

[ad#co-1] 化粧水、乳液、美容液にクリーム...皆さん、日々のお肌のお手入れ頑張っていますか? でもちょっと待って! それって逆にお肌をいじめてない!?今回紹介するのは、何もしないスキンケア。   スキンケアって、化粧品を付けるからスキンケアって言うんでしょ?   それは大きな間違い。肌の状態を整えるために行うことなら、それ

続きを読む

肌が乾燥する原因と対処法!生活習慣を変えてもっちり肌に

[ad#co-1] 現代人は乾燥肌になりやすいと言われています。それは、便利で快適な環境から、生活習慣や食生活の変化によって起こるものだと考えられます。今回は、そんな現代型乾燥肌の対処法について説明していきます。 現代人が乾燥肌になりやすい原因 現代人が乾燥肌になりやすい原因して、以下の事が考えられます。 空調の効いた快適環境

続きを読む

顔の傷跡をきれいに消す!皮膚科医がおススメする方法とは

今から2年前、当時1歳だった娘に顔を引っかかれ傷になってしまったことがありました。子供の爪は薄いため、少しかすっただけでも傷になりやすいんですよね。血が出るほど結構深い傷で、更に季節は真夏だったため、もろに紫外線を浴びてしまいました。傷口がふさがった後も、切れた部分がはっきりとわかるほどに茶色い跡が残ってしまいました。 時間の経過とともに薄くなると信じていたのですが、なかなかよくなら

続きを読む

ハイドロキノンの赤みはいつまで続くの?好転反応との違い

[ad#co-1] ハイドロキノンがシミを消すクリームとして一般的によく使われるようになりました。 国内ではまだ2%以下のものしか厚生労働省の許可が下りていませんが、ネットを通じて海外から取り寄せるなどして、現在は簡単に入手することが出来るようになってきています。   ハイドロキノンは強力な漂白力があり、その強さからアレルギー反応が出たり、赤みやかゆみ、ヒリ

続きを読む

絆創膏の跡が消えない!色素沈着を薄くする方法

[ad#co-1] 私は以前、腕にできたシミを隠すために同じ場所に2週間程絆創膏を貼っていたことがあります。 使用していたのは粘着力の強い布タイプのもの。1~2日の頻度で交換していましたが、時々かゆみを感じることもありました。 特に気に留めることもなく使用していましたところ、絆創膏を貼り替える時ある事に気がついたのです。 「跡が、消えない・・・・」

続きを読む

ハイドロキノンの副作用と失敗談 後悔しないための使い方

[ad#co-1] シミの悩みに特化した化粧品や医薬品。 市販されている商品のほとんどは、シミを消すことではなく、予防することに着目した商品だということをご存じですか?   現時点で、出来てしまったシミに最も効果のあると思われるもの。それが、これから説明するハイドロキノンという成分です。 だったら、ハイドロキ

続きを読む

ハイドロキノンの使用期間は?シミへの効果と注意点

[ad#co-1] シミは30代に突入すると急に増え始めると言われています。ですが実際は20代でもシミに悩む方が多いのが事実です。シミって、メイクをしても完全に隠すのは難しいんです。近くで見るとシミを隠した跡が青っぽくなっていたり、時間の経過と共にシミが目立ち始めてしまったり・・・出来ればメイクで隠すのではなく、シミそのものを消してしまいたいですよね。 大丈夫!顔にできたシミは

続きを読む

20代のシミ 消す方法と再発防止のアフターケア

[ad#co-1] 29歳。 これは、はじめて顔にシミができた平均の年齢と言われています。 29歳に達していないのに、ましてやまだ20代前半なのに・・・そんな風に、若くても実はシミで悩んでいる方が結構いらっしゃると思います。 友達の肌の悩みはニキビだったり、乾燥だったり、シミで悩んでいるなんて周りには言えない。 シミさえなければきれいな肌なのに・・・

続きを読む

運営者情報

はじめまして!! サイト運営者のinekoと申します。 このサイトでは、生活習慣、食事面、お肌の悩み、スキンケアや日ごろのメイクなど、あらゆる視点から美肌へと導く方法を紹介しています。 少し長くなってしまうのですが、 運営者ineko とはどんな人なのか 美肌oneというサイトがどんなサイトなのか   詳しくお話をさ

続きを読む