ノーファンデ生活!薄化粧でキレイな肌を手に入れよう

スポンサーリンク

 

毎日ばっちりメイクを欠かさない方。キレイに見せるために自分の肌をいじめていませんか?毎日100%の自分でいる必要はない。今回は、私がノーファンデをおススメする理由についてまとめました。

 

 

 

ノーファンデ生活とは、その名の通りファンデーションを使用しないで生活をするという事です。毎日すっぴんで過ごすという意味ではありません。それではなぜ、ファンデーションを使用しないメイクできれいな肌が手に入るのでしょうか?

 

皆さんはファンデーションが肌に与える負担について考えたことはありますか?肌を美しく見せてくれるファンデーション、自分に自信を持たせてくれる必須アイテム。ですが、ファンデーションには肌のバリア機能を衰えさせる界面活性剤が含まれているのです。

 

 

界面活性剤の肌への影響

スポンサーリンク

 

界面活性剤とは、化粧品に含まれる水と油を混ぜ合わせることが出来る性質をもった成分です。本来であれば水と油は均等に混ぜ合わせることは不可能ですよね。自然では実現できないことを可能する化学物質ということが理解できます。

 

人の皮膚には水分と油分が存在します。化粧品を作る上で界面活性剤と言うのはとても重要な存在ですが、この成分にはそれぞれ油と水に働きかける作用があるため、肌への影響がないとは言い切れないですよね。その中でも特に注意してもらいたいのが石油系の界面活性剤です。

 

特徴としては、機能性が非常に高く、製品を滑らかにしたり使い心地を良くする効果に優れています。しかし、この石油系の界面活性剤は、肌に残留しやすく肌機能を低下させてしまう恐れがあります。そして、販売されている化粧品に含まれる界面活性剤の多くはこの石油由来のものなのです。

 

化粧品を選ぶ際は、石油系界面活性剤、合成界面活性剤不使用のものを選ぶようにしましょう。

 

 

ノーファンデでも紫外線対策は忘れずに

 

肌に良くないと言われるファンデーションにもメリットがあります。それは紫外線対策です。乳液やクリームタイプの日焼け止めに比べ、パウダータイプのものは紫外線防御率が高いと言われています。SPFの表記が無いものでも、ある程度の紫外線は防げるといわれる程。UVカットのファンデーションでは紫外線防御率は絶大だと言えます。

 

ですので、ノーファンデ生活を始める際に注意しなければならない点、それが紫外線です。冬場はマスクや帽子である程度の紫外線を防ぐことがかのうですが、夏はそういうわけにもいきませんよね。夏場の紫外線対策としては、パウダータイプの日焼け止めがとってもおススメです。何度も塗りなおしができ、肌もキレイに見せてくれるので、ノーファンデ主義者の強い味方です。また、選ぶUVパウダーに関しても、石油系または合成界面活性剤不使用、また、紫外線吸収剤不使用のものを選ぶと良いでしょう。

 

 

ファンデーションを使用したい時はミネラルファンデーションがおススメ

 

ノーファンデ生活をしたいけれど、どうしてもすっぴんでは出歩けない、たまにはちゃんとメイクをしたい、そんな時におススメなのがミネラルファンデーションです。リキッドや固形タイプのファンデーションは、その形状にするためにどうしても界面活性剤が必要になるのです。しかし、ミネラルファンファンデーションは、自然なパウダーの状態のままで使用するものなので、肌への負担が少ないと言えるでしょう。

 

カバー力は使用量で調整でき、部分的にコンシーラーとしても使えるのでとても重宝すると思います。実際に、私もミネラルファンデーションを7年間愛用していますが、そこそこのカバー力と軽さを備えているので大変気に入っていますよ!

 

 

まとめ・・

 

いかがでしたか?毎日使っているファンデーションが、実は肌に負担がかかっている可能性があるということを説明させていただきました。化粧品に含まれる成分に気を使いながら、自分のスタイルに合ったノーファンデ生活を始められると良いかと思います。毎日100%の自分でいる必要はない。普段は薄化粧でお肌を休めながら、時々しっかりメイクをして思いっきり輝くのが理想的。そうすれば、本来のあなたのお肌も、今よりもっと輝くと思いますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す