紫外線対策には朝フルーツが効果的!おススメの果物ベスト7

スポンサーリンク

紫外線をたくさん浴びてしまうと、光老化といって肌の老化を早めてしまうということをご存じですか?

 

特にシミシワたるみなど、様々な肌トラブルを引きおこす原因にもなっているため、日ごろからしっかりとした紫外線対策が必要になってきます。

 

紫外線は1年中降り注いでいます。

 

また、照り返しなどによって紫外線はあらゆる方向から飛んでくるので、日傘や帽子だけでは実は対策しきれていないというのが現実です。

 

今回は、防ぎきれない紫外線から肌を守るために、内側から行う紫外線対策について学んでいきたいと思います!

紫外線対策は外側からだけでなく、内側からも行うことでより効果的に日焼けを防止することが可能です。

 

特に果物には紫外線から肌を守ってくれる栄養素が豊富に含まれています。

 

また、果物は食べる時間によって効果が大きく異なります。朝が金昼が銀夜が銅と言われるほど、朝にフルーツをとることはお肌のためにとってもいい事なんですよ!

紫外線に効果のある栄養素

スポンサーリンク

紫外線対策に効果の高い栄養素は以下のとおりです。

  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • リコピン

特にビタミンは肌を健康に保つために必要不可欠な栄養素です。

 

主に、肌の新陳代謝を促進させたり、コラーゲンの合成を促す役割を果たします。シミやくすみにも効果が高いので、紫外線対策にも効果が期待できます

ただし、ビタミンBとCに関しては水に溶けやすく、ビタミンEに関しては油に溶けやすいというそれぞれの性質を持っています。洗いすぎたり加熱しすぎたりしてしまうと、せっかくの栄養素が逃げてしまうので注意が必要です。

 

加熱もせず生で食べられる果物類は、栄養をそのまま食べられるので美肌にはもってこいです!

 

またポリフェノールリコピンに関しては強い抗酸化作用があるので、紫外線による肌の酸化を防ぐ働きがあると言えます。

 

これらの栄養素を積極的に摂っていきたいですね!

朝におススメの紫外線対策フルーツ7選

スポンサーリンク

ここでは、筆者イチオシの紫外線対策フルーツを紹介したいと思います。

1.トマト

トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用が最も強い美容成分です。

 

この抗酸化作用が日焼けによる酸化を防止し、紫外線に負けない肌が期待できます!

2.いちご

いちごはビタミンCの女王とも呼ばれています。

 

甘くておいしいですし、洗ってすぐに食べられるイチゴは朝にはとってもおススメの果物です。

3.リンゴ

リンゴに含まれるポリフェノールが紫外線による肌の酸化を防ぎます

 

ヨーロッパには「一日一個のりんごで医者知らず」ということわざがあり、それだけリンゴには栄養がたっぷり含まれていることが分かります!

4.バナナ

バナナはとにかく栄養のバランスが良いです。

 

ビタミンポリフェノールなどの美容成分も含まれており、時間が無い時でもごはんに置き換えられることのできるバナナは朝にぴったりの果物かと思います!

5.柿

果物の中では少し存在感の薄い柿ですが、実は柿にはレモンと同等のビタミンCが含まれているんです。

 

少し柔らかくなり食べごろになった柿は本当に甘くておいしいですよ!

6.スイカ

スイカは野菜!という意見もありますがここでは果物として扱わせていただきます。

 

スイカにもトマトと同じくリコピンが含まれています。水っぽくてあまり栄養が無いように見えますが、リコピン以外にもビタミンミネラルといった栄養が豊富に含まれているんです。

 

前日にサイコロの形にカットし種を除いておけば、翌朝すぐに食べられるのでとてもおススメです!

7.アボカド

アボカドは世界一栄養価の高い果物としてギネスブックにも登録されています。

 

ビタミンミネラルが豊富でアンチエイジングに効果のある食べ物として注目を浴びています

 

サッと切ってドレッシングをかければおいしく手軽に食べられますよ!トマトとも相性バッチリです!

逆効果!日焼けを促進させてしまう食べ物が存在する

実は果物の中には紫外線の吸収を強めてしまうものが存在します。

 

それは、ソラレンを含んだ野菜や果物。別名、光毒性(ひかりどくせい)といって、紫外線の吸収を高めシミを発生させやすくしてしまうと言われています。

 

ソラレンの毒性は摂取後2時間をピークに7時間程で消失します。これらの食材は朝はできる限り控え、夕方以降に摂るなどの工夫をすれば問題ありません。

【こちらの記事もよく読まれています】

ソラレンを含む食品一覧!果物や野菜がシミの原因になる!?

 

また、缶詰入りの果物などは返って逆効果になります。

 

缶詰の場合、果物の栄養以上に砂糖による肌への影響の方が心配です。

 

砂糖を摂りすぎると肌の紫外線の防御力を弱めてしまうため、出来る限り新鮮な生の果物を摂るようにしましょう。

まとめ

朝から果物の栄養を摂る事は健康や美容の面でも非常に良いことです。

 

しかし、中には紫外線の影響を受けやすくしてしまうものもあるので、摂取する時間帯を工夫しながら上手に果物を取っていければ尚良いのかなと思います。

 

紫外線対策は毎日が勝負です!

 

朝フルーツで紫外線に負けない肌を作っていきましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す