肌を漂白!?ハイドロキノンで肌は白くなるの!?

スポンサーリンク

 

白い肌に憧れを抱く女性は多いかと思います。

 

実は私もその一人・・・

 

肌を少しでも白くするために、高い美白化粧品を使ったり、紫外線対策を徹底したりとあらゆる努力を重ねてきました。

 

そこで私が出会ったのが「ハイドロキノン」という成分!

 

何でも、強力な美白作用があり、肌の漂白剤と称されることも多いのだとか。

 

今回は、そんなハイドロキノンについて、どんな成分なのかを解説していきたいと思います。

 

ハイドロキノンで肌を漂白できるって本当!?

 

肌を漂白

 

そう聞くと、顔全体に塗る事で肌が白くなることをイメージする方が多いかと思います。

 

実際に私もそう思っていました。

 

しかし、

 

ハイドロキノンは通常そのような使い方は

 

しません!!

 

 

ハイドロキノンは部分的に使用することで、メラニン色素に働きかけシミやソバカスを薄くするといったものです。

 

ハイドロキノンを顔全体に塗ったらどうなるの?

スポンサーリンク

 

高濃度のハイドロキノンを顔全体に塗ってしまうと、効果が強すぎるあまり白斑が出来てしまう恐れがあるようです。

 

また、ハイドロキノンは紫外線に反応しシミを濃くしてしまう性質があります。

 

顔全体に塗ってしまうと紫外線対策は難しくなってきますし、返って肌の色が濃くなってしまっては元も子もありません。

 

  • ポイント

ハイドロキノンは部分的に使用し、紫外線対策を心がけるようにしましょう。

ハイドロキノンを使用する時はUVカットテープが超便利!!

 

ちなみに、

 

ハイドロキノンは美白効果も高いですが、その分リスクも伴う薬品です。

 

使い方に関してはこちらの記事を参考にして下さい。

↓↓↓

しみが消える?ハイドロキノンとトレチノインの使い方まとめ

 

それでもハイドロキノンで肌全体をトーンアップしたい時は?

 

シミやソバカスではなく全体的に肌をトーンアップした場合は、市販されている、ハイドロキノン低濃度配合の化粧品を使用するのがおススメです。

 

ハイドロキノンは、一般的には皮膚科で処方してもらうものですが、現在はインターネットで簡単に手に入れることができます。

 

ただし、こういったものはやはり使用の際のリスクが大きいため肌全体に使用できる、極低濃度のものを使用すると良いでしょう。

 

まとめ

ハイドロキノンはシミやソバカスを消すのに大変優れています。

 

肌の漂白剤とも言われていますが、一瞬で白くなるようなものではありません

 

長いスパンで、使い方を間違えないように慎重に取り扱うことが何よりも大切かと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す