色黒でも韓国メイクが叶う?肌を一瞬で白くするクリームとは

スポンサーリンク

 

オルチャンメイクのブームをきっかけに、日本でも韓国のコスメを扱うお店も増え、韓国メイクの人気は今でも加速し続けています。

 

韓国メイクといえば、陶器のような白くてツヤのある肌が特徴。

 

今回は、色黒を一瞬で色白に変えてしまうと言われる『ウユクリーム』の紹介です。早速見ていきたいと思います!

 

韓国人も愛用のウユクリームって知ってる?

 

 

 

韓国生まれの化粧下地クリーム、ウユクリームというものをご存じでしょうか?

 

ウユというのは、韓国語で牛乳という意味。

 

牛乳のように真っ白で、塗ると肌も、元々白い人のように見せることが可能になるんです。

 

ウユクリームの魅力とは

 スポンサーリンク

 

ウユクリームの魅力はなんと言っても肌を一瞬で白くしてくれるという点。

 

しかも、ファンデーションのように洋服に色が移るということもないため、首や腕にも使用することができます。

 

カバー力はなく、肌のトーンアップのみに特化した商品です。もともと肌はキレイで、カバー力はいらないけど肌を白く見せたいなんて人におススメです。

 

ウユクリームの使い方とコツ

 

ウユクリームは、基本的には化粧下地の上から使用するものです。ウユクリーム自体には、肌の補正効果はほとんどないため、化粧下地である程度肌を整えてから使用した方が仕上がりもキレイになります。

 

もちろん、もともと肌のキレイな人や、あれこれ重ね付けするのは苦手という人は、化粧下地は省いてしまっても大丈夫です。

 

ウユクリームを塗った後は、油分を軽くティッシュでOFFし、ハンドプレスで肌に密着させた後、通常通りファンデーションを塗っていきましょう。

 

※体に使用する場合は、化粧水で肌を整えてから、ウユクリームを塗って馴染ませればOKです。首に塗る時は、ルースパウダー等使用するとより自然に馴染みます。

 

ウユクリームは乾きやすいため、使用の際は少量を心掛け、肌に乗せたらすぐに伸ばすようにしましょう。

 

こちらの記事にウユクリームの詳しい使用方法を乗せていますので、ご参考までに。

 

使用上の際の注意点、ウユクリームが危険という噂は?

 

ウユクリームは、人によっては合わないということもあり、塗った箇所がかゆくなることがあります。また、化粧下地との相性でこのような症状が出ることもあるため、初めて使用する場合は、目立たない部分でパッチテストをすることをおススメします。

 

また、最近ではウユクリームが危険だという声も聞くようになりました。ウユクリームの肌を白くする成分ですが、こちらは牛乳由来のものなので危険なものではなさそうです。

 

危険と言われているのは、ウユクリームに含まれる「酸化チタン」と「ジメチコン」のようですが、こちらのふたつはどちらも多くの化粧品に使用されているものです。

 

つまり、オーガニックコスメではないけれど、特別危険なものではない、といったところです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ウユクリームの魅力が少しでも伝わりましたでしょうか?

 

実際私も時々使っていますが、本当に白くなるため、下地の上にちょっとプラスするだけでも透明感がUPします。韓国メイクのみならず、コスプレなどで肌を真っ白に仕上げたい人、不自然で結構なんて場合にも重宝するかも知れません(笑)

 

ウユクリームでメイクがもっと楽しくなりそうですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す