メラニンとメラノサイトの違い!シミができるメカニズムとは

スポンサーリンク

 

よく聞くメラニンやメラノサイトと言った言葉。

 

今更人には聞けないけど、その違いとはいったい何なのでしょうか?

 

今回は、メラニンとメラノサイトの違いと、シミが出来るメカニズムについて説明していきたいと思います!

 

メラニンとは

メラニン (melanin) は、ヒトを含む動物、植物、原生動物、また一部の菌類、真正細菌において形成される色素である。メラニン色素ともいう。主に黒褐色の真性メラニン(eumelanin、エウメラニン)と、橙赤色の亜メラニン(Pheomelanin、フェオメラニン)の2種類がある。脊椎動物では、大半が皮膚の表皮最下層の基底層や毛髪の毛母などにあるメラノサイト(色素細胞)で生成され、一部は網膜色素上皮細胞で生成される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

んーーー。

 

 

 

 

つまり、メラニンというのは、皮膚の色を決める重要な色素です

 

一般的によく使われれるメラニンというのは、メラニン色素のことを指しています。

  • ポイント

メラニンと聞くと、シミや日焼けを連想させることが多く、悪者のようなイメージが大きいですが、本来、メラニンというのは紫外線から肌を守るための重要な役割を果たしているのです

 

メラノサイトとは

スポンサーリンク

メラニン細胞(めらにんさいぼう、英: melanocyte)は、メラニンを形成する細胞。メラノサイトとも呼ばれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

つまり、

 

そういうことです。

 

メラニン細胞=メラノサイト

 

であり、

 

メラノサイトはメラニン色素を生成する働きをします。

  • ポイント

メラニンとメラノサイトの違いとは

メラニン=メラニン色素

メラノサイト=メラニン細胞

ということです。

 

シミができるメカニズム

メラニン色素は紫外線から肌を守るために欠かせないものですが、その働きよって美容面での悩みを生じさせることがあります。

①紫外線を浴びる

紫外線の刺激から肌を守るために活性酸素が発生

②メラニン生成の指令

活性酸素がメラノサイトに「メラニンを作れ」という命令を送る

③メラニンを表面に運ぶ

生成されたメラニンが皮膚表面まで運ばれる

④メラニンが表面に見える

肌表面が黒色メラニンによって黒ずんで見える

これが

 

シミ・そばかすの正体です!

 

 

シミやソバカスは一度出来てしまうと消すのがなかなか難しいです。

 

シミやソバカスを作らないためには、日焼け止めを塗るなど普段からの心掛けが重要になってきます。

 

ちなみに・・・

 

既に出来てしまったシミに関しては、リスクも伴いますが・・・

 

消す方法もあります!

 

気になる方はこちらの記事を読んでみてください。

↓↓↓

しみが消える?ハイドロキノンとトレチノインの使い方まとめ

 

まとめ

メラニン色素は肌を紫外線から守るために重要な役割を果たしてくれます。

 

ですが、シミやソバカスが出来てしまうのは避けたいところです。

 

そのためには、日ごろから紫外線対策をしっかりと行い、シミを作らないように心がけることが大切ですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す