乾燥肌でもニキビができる~原因と正しい改善方法~

スポンサーリンク

 

ニキビって、脂性肌特有の悩みだと思っていませんか?実は、乾燥肌の人も常にニキビトラブルの危険性が潜んでいるのです。でも、脂性肌と乾燥肌ではニキビができるメカニズムがちょっと違う。乾燥ニキビの原因を知って、正しい対策を学んでいきましょう。

  

乾燥肌なのにニキビができた。皮脂が多いの?少ないの?どっち!?

 

 

乾燥ニキビのメカニズム

 

ニキビは主に、毛穴に皮脂がたまり詰まってしまうことが原因で出来ます。脂性肌の場合、皮脂が過剰に分泌されることにより、ニキビがより出来やすくなってしまうのです。

 

では、乾燥肌の場合はどうでしょう。もともと肌の皮脂量が少ない乾燥肌でもニキビが出来てしまう。その原因は、脂性肌とはまた違った毛穴トラブルがあるからなのです。

 

乾燥肌の場合、皮脂の分泌量が少なく乾燥から肌を守るための皮脂膜がしっかりと作れません。そうなると、無防備の状態の肌は大量に水分を蒸発させてしてしまいます。その結果、角質が固くなり、毛穴も細くなり、少しの皮脂でもつまりやすくなってしまうのです。これが乾燥ニキビのメカニズム。つまり

 

皮脂が少ない

水分が蒸発

角質が固くなる

毛穴も細くなる

少しの皮脂で毛穴が詰まる

ニキビの誕生

 

というわけです。乾燥から始まり、様々なトラブルを抱えた末にニキビが出来てしまいます。乾燥肌をほうっておくわけにはいかないですね。

 

 

大人ニキビは乾燥ニキビの可能性大

 スポンサーリンク

 

実は、成人のニキビの多くはこの乾燥ニキビだと言われています。これが10代の場合、ホルモンバランスの乱れと、皮脂の過剰分泌によりアクネ菌が繁殖し炎症を起こすことによりニキビができるという、二つの特徴があります。

 

運動する機会が少なくなり、空調の効いた空間で過ごす時間が増える社会人の肌は、どうしても乾燥に傾きがちです。まずは乾燥肌を改善し、ニキビが出来にくい肌を作ることが大切だと思います。

肌が乾燥する原因と対処法!

  

 

乾燥ニキビの正しい改善方法と注意点

 

ニキビができてしまったら、またニキビを今後作らないためにもどのような対策を行っていけばよいのでしょうか。乾燥ニキビの正しい対策としては

 

 水分をしっかりとる

極端に甘いものや油っぽいものを控える

スキンケアは11回の洗顔のみ

  

水分をしっかりとる

乾燥肌の原因の一つとして、水分補給が足りていないということが考えられます。水分といっても、ジュースなど砂糖が大量に使わた飲み物は論外です。水やお茶などでしっかりと水分を補給しましょう。

 

極端に甘いものや油っぽいものを控える

 

甘いチョコレートやスナック菓子など、極端に甘いものや油を多く使用したものは皮脂を過剰に分泌させてしまいニキビが出来やすくなります。習慣的に摂ることは控えるように心掛けましょう。

 

スキンケアは夜の洗顔のみ

スキンケアに関しては、11回、夜の洗顔のみにすることが最も効果的です。ニキビができたからといって、殺菌剤や抗菌材を使用した化粧水を使ってしまうと、肌の常在菌までやっつけてしまい肌トラブルの原因になりかねません。

 

かといって、乾燥対策のために油分の多いクリームをつけてしまうと、自ら皮脂膜を作る力が弱まってしまい、より乾燥肌を深刻化させてしまう恐れがあります。

 

はじめは、化粧水をつけないことに抵抗があるかもしれまんが、肌のターンオーバーで1か月もすれば、徐々に健康な肌へと変わっていくと思います。

 

スキンケアは何もしないで美肌になれるって本当?乾燥肌は?

 

 

まとめ

 

乾燥肌を改善し、肌の皮脂と水分のバランスを良好に保つことで大人ニキビは改善することができます。

 

水分をしっかりとる

極端に甘いものや油っぽいものを控える

スキンケアは夜の洗顔のみ

 

なるべくこの3つを心掛け、焦らずにニキビ肌を改善していきましょう。即効性などの言葉につられてしまいそうになっても、できる限り自分の肌の力を信じてあげてください。それがきっと、キレイへの近道になるはずですよ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す