乾燥肌でもニキビができる~原因と正しい改善方法~

[ad#co-1]   ニキビって、脂性肌特有の悩みだと思っていませんか?実は、乾燥肌の人も常にニキビトラブルの危険性が潜んでいるのです。でも、脂性肌と乾燥肌ではニキビができるメカニズムがちょっと違う。乾燥ニキビの原因を知って、正しい対策を学んでいきましょう。    乾燥肌なのにニキビができた。皮脂が多いの?少ないの?どっち!?  

続きを読む

睡眠のゴールデンタイムとは? 10時から2時までの嘘・本当

[ad#co-1] 睡眠のゴールデンタイムと言うものをご存じですか?かつては夜の10時から2時までがゴールデンタイムと言われ、この時間帯に寝ることで成長ホルモンが分泌され美肌へと導く、そういった内容の話をよく耳にしました。しかし最近ではゴールデンタイムに関する常識が変わりつつあります。いったいどのように変わり、何が本当なのか。今回は、睡眠のゴールデンタイムの新常識について紹介していきます。

続きを読む

睡眠の質を上げるための5つの習慣!美肌は毎日作られている

 [ad#co-1] 睡眠は美肌を作る上でとても重要な役割を果たします。私たちの体は寝ている間に成長ホルモンが分泌されていることはご存知ですか?成長ホルモンは子供の身長を伸ばすためのホルモンとして知られていますが、このホルモンは大人になってからも分泌され、健康な体をつくる上で必要なものです。更には、この成長ホルモンは肌のターンオーバーを促す効果もあるため、美肌を作る上でも欠かせないも

続きを読む

睡眠と美肌の関係!質の良い眠りでキレイな肌を手に入れよう

[ad#co-1] 睡眠にはどんな効果があるのかご存知でしょうか?1日働いた脳や体を休めるため、ストレスを解消させるため、免疫力を高めるためといったことが代表的な理由でしょう。また一説によると、脳の細胞廃棄物を取り除く機会を提供するため、つまり、不要な記憶を忘れさせるために睡眠があるという研究結果もあるようです。更に、睡眠には肌を毎日健康に保つためにも重大な役割があるのです。具体的に

続きを読む

ノーファンデ生活!薄化粧でキレイな肌を手に入れよう

[ad#co-1] 毎日ばっちりメイクを欠かさない方。キレイに見せるために自分の肌をいじめていませんか?毎日100%の自分でいる必要はない。今回は、私がノーファンデをおススメする理由についてまとめました。     ノーファンデ生活とは ノーファンデ生活とは、その名の通りファンデーションを使用しないで生活をするという事です。毎日すっぴんで過ごすという意味

続きを読む

何もしないスキンケアを実践!乾燥肌がみるみる改善された!

[ad#co-1] 何もしないスキンケアって知っていますか?化粧水などを一切使わずに、肌本来の機能を高めていく美容法です。私は今から7年前にこの方法を始めました。そして現在、肌に自信が持てている理由の一つだと思っています。何もしないスキンケアを実践した結果についてまとめてみました。 化粧水をつけないなんて考えられない! 私が本格的にスキンケアを始め

続きを読む

スキンケアは何もしないで美肌になれるって本当?乾燥肌は?

[ad#co-1] 化粧水、乳液、美容液にクリーム...皆さん、日々のお肌のお手入れ頑張っていますか? でもちょっと待って! それって逆にお肌をいじめてない!?今回紹介するのは、何もしないスキンケア。   スキンケアって、化粧品を付けるからスキンケアって言うんでしょ?   それは大きな間違い。肌の状態を整えるために行うことなら、それ

続きを読む

肌が乾燥する原因と対処法!生活習慣を変えてもっちり肌に

[ad#co-1] 現代人は乾燥肌になりやすいと言われています。それは、便利で快適な環境から、生活習慣や食生活の変化によって起こるものだと考えられます。今回は、そんな現代型乾燥肌の対処法について説明していきます。 現代人が乾燥肌になりやすい原因 現代人が乾燥肌になりやすい原因して、以下の事が考えられます。 空調の効いた快適環境

続きを読む

顔の傷跡をきれいに消す!皮膚科医がおススメする方法とは

今から2年前、当時1歳だった娘に顔を引っかかれ傷になってしまったことがありました。子供の爪は薄いため、少しかすっただけでも傷になりやすいんですよね。血が出るほど結構深い傷で、更に季節は真夏だったため、もろに紫外線を浴びてしまいました。傷口がふさがった後も、切れた部分がはっきりとわかるほどに茶色い跡が残ってしまいました。 時間の経過とともに薄くなると信じていたのですが、なかなかよくなら

続きを読む

ハイドロキノンの赤みはいつまで続くの?好転反応との違い

[ad#co-1] ハイドロキノンがシミを消すクリームとして一般的によく使われるようになりました。 国内ではまだ2%以下のものしか厚生労働省の許可が下りていませんが、ネットを通じて海外から取り寄せるなどして、現在は簡単に入手することが出来るようになってきています。   ハイドロキノンは強力な漂白力があり、その強さからアレルギー反応が出たり、赤みやかゆみ、ヒリ

続きを読む