ポールアンドジョーの下地の色選びは?2色使いもおすすめ!

スポンサーリンク

 

化粧下地の色選びに迷った経験はありませんか?

 

ファンデーションはカラーバリエーションが豊富だけど、化粧下地は違います。明るめ、暗めといったざっくりとした色分けだったり、1色展開のものも多いです。

 

そのため、自分に合った色を見つけるのが難しく、顔だけ白くなってしまったり、逆に日焼けメイクになってしまったり。

 

なかなか自分に合う色を見つけるのが難しいところです。

 

そこでおすすめなのが、化粧下地の2色使い!

 

今回使用したのはポールアンドジョーの化粧下地、プロテクティングファンデーションプライマーS!ポールアンドジョーの化粧下地はどれも評価が高く大人気の商品です。

 

ポールアンドジョーの下地がおすすめ!値段や新作を紹介!

 

こちらの下地は2色展開になっていますが。管理人は肌が白い方ではなく、01は白すぎる、かといって02では暗すぎるといったところでした。迷った末、両方購入することを決意!

 

これを機に、ポールアンドジョーの化粧下地のお色について紹介していきたいと思います!また、化粧下地の2色使いのメリットについてもお話しさせていただきますので、どうぞお付き合いください。

 

ポールアンドジョーの化粧下地の色選び

 

ポールアンドジョーの下地は01と02で色のトーンに差があるため、中間色の肌色の方は購入の際にどちらにしようか迷うみたいです。まずは色見本から紹介していきたいと思います。

 

プロテクティングファンデーションプライマーS 色見本

 

左側が明るい色の01、右が暗い色の02。そして真ん中は2つの色を1:1の割合でブレンドしたものです。ブレンドしたものだけ隠して2色を比べてみると、色のトーンに大きな違いがあるのが分かります。

 

2色使いのメリット

 

化粧下地の2色使いには様々なメリットがあります。ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

自分のトーンに作れる

スポンサーリンク

 

なんといっても、自分に合った色に調節できるという点が大きなメリットです。先ほどの色見本のように、こちらの下地は2色のトーンが

大きく異なります。

 

ミックスして使うことにより、自分に合った色を作ることが出来ます。また2色用意しておくことで、日焼けしてしまった肌にもすぐに対応することが可能なんです。

 

日焼けはしないに越したことはないのですが、なかなかそうもいきませんよね。日に焼けてしまった場合、合わない色のメイクでカバーすると顔だけ白くなり老けた印象を持たせてしまいます。

 

肌に合った色で仕上げることで、健康的かつ自然に見せることができます。

 

日焼けた肌もプラスに変えることが出来ますよ!

 

ポイントで使い分けもOK のっぺり顔も卒業

ベースメイクを1色で仕上げてしまうと、のっぺりとした仕上がりになることもしばしば。顔に立体感をもたせるために、ファンデーションを2色使いしている方もいるのではないでしょうか?

 

私も以前、のっぺり卒業のためにファンデーションの2色使いを試しましたが、結果は失敗でした。というのも、ファンデーションを2色使いした場合、明らかに影を作っているような、不自然な色の差が出てしまったのです。

 

シェーディングのように、顔に影をつけるテクニックは私の中ではかなり難易度が高いものです。1歩間違えると、影を入れた部分がくすんだようになり、疲れ顔メイクになる可能性があります。

 

化粧下地で陰影を作った場合、より自然に、素肌に近い形で立体感を表現することができました。

 

のっぺりメイクは卒業したいけどシェーディングは苦手。。そんな方には特におススメしたい方法です。

 

化粧下地をメインにしたベースメイクが作れる

化粧下地がキレイに仕上がっていれば、上からフェイスパウダーをのせるだけでもベースメイクが完成してしまいます。厚塗り感が無く、より素肌に近い仕上がりです。

 

なるべく肌に負担をかけたくない。バッチリメイクはたまにでいいかなと思っている方にはピッタリだと思います。

 

素肌に近いメイクの方が、男性のウケも良かったりしますよ(笑)

 

下地の2色使いでワンランク上のメイクに(まとめ)

私が今まで見てきた中で、「きれいな人だな」と思った方は化粧の薄い方が多いです。好みの問題もありますが、薄化粧または薄化粧に見せるメイクをできる方が、化粧の上手い方だと思っています。

 

厚塗りファンデーションやがっつりアイメイクは、今の時代古臭い印象を持たれがちです。なるべくナチュラルに仕上げることで、より今っぽいメイクになると思いますよ!

 

下地にちょっとこだわってみると、ファンデーションを厚塗りする必要もなくなるため、素肌に近いベースメイクを作りやすくなります。

 

自然でかわいい。そんな方とすれ違ったら、私もつい振り返ってしまいそうです(^^)

 

スポンサーリンク

コメントを残す