睡眠の質を上げるための5つの習慣!美肌は毎日作られている

 スポンサーリンク

 

睡眠は美肌を作る上でとても重要な役割を果たします。私たちの体は寝ている間に成長ホルモンが分泌されていることはご存知ですか?成長ホルモンは子供の身長を伸ばすためのホルモンとして知られていますが、このホルモンは大人になってからも分泌され、健康な体をつくる上で必要なものです。更には、この成長ホルモンは肌のターンオーバーを促す効果もあるため、美肌を作る上でも欠かせないものなのです。

 

しかし、ただ眠るだけでは成長ホルモンは分泌されません。成長ホルモンは、深い眠りの時に分泌されるため、質の良い睡眠が求められます。睡眠の質を上げるための5つの習慣について詳しく見ていきましょう

  

 

 

朝一番に太陽光を浴びることですっきりと目覚めることができ、1日の始まりのスイッチが入ります。12~14時間後にメラトニンが分泌がされるため、体内のリズムが出来上がり眠りの質の向上につながります。

 

光を浴びると言っても、わざわざ毎朝外に出て日光浴をする必要ありません。朝起きたら一番にカーテンを開け、太陽の光をいっぱい室内にとりこむことが大切です。できる限り毎日同じ時間に起き同じ時間に眠るように心がけましょう。これを習慣づけることによって体内のリズムが整いやすくなります。

 

 

日中は適度に体を動かす

 スポンサーリンク

 

寝つきが悪い原因として運動不足といったことが考えられます。体が疲れていないと、やはりぐっすり眠る事が難しいです。かといってあまり激しい運動をしてしまうと、疲れすぎて返って眠れないということもあります。

 

適度に体を動かし程よい疲労を体に与えることで、睡眠の質の向上につながります。ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を普段の生活に取り入れていくと良いでしょう。

 

 

寝る前はカフェインを取らない

  

カフェインには脳を覚醒させる作用があります。カフェインを多く含むコーヒー・紅茶・緑茶などは、寝る前には飲まないようにしましょう。

 

寝る前は脳刺激を与えないように、水やノンカフェインのものを取り入れると良いと思います。また、ホットミルクは眠気を誘う効果があると言われているので、こういったものも効果的です。

 

 

寝る前に激しい運動や大音量でTVや音楽を聴かない

 

激しい運動や大音量聴く音楽やテレビ、これらも脳を覚醒させてしまいます。寝る前には、リラックスしてゆったりと過ごせるような環境を整えましょう。

 

また、近年では寝る前スマホによって睡眠の質が低下していると言われています。スマホのブルーライトも脳を覚醒させ、体内のリズムを乱してしまうので、スマホは寝る前の1時間は使用しないことが理想的です。

 

  

アルコールは控える

 

よく、お酒を飲まないと眠れない、という人がいますが、これには落とし穴が存在します。確かにお酒を飲むと眠くはなるけれど、実はアルコールには睡眠の質を低下させてしまう作用があるのです。

 

長い時間寝たとしても質が悪いようでは成長ホルモンが常に分泌されません。質の悪い睡眠にしないためにもお酒はなるべく控えたいですよね。

 

 

  

まとめ・・・

 

いかがでしたか?美肌を作るために睡眠は欠かせません。成長ホルモンによって私たちの肌は毎日作り出されています。成長ホルモンが正常に分泌されるように、体内のリズムをし整え質の良い睡眠へと導いてあげることが大切です。

 

朝起きたら一番に太陽の光を浴びる

起きているときは適度に体を動かす

寝る前はカフェインを取らない

寝る前に激しい運動や大音量でTVや音楽を聴かない

アルコールは控える

 

 

以上のことを心掛けながら、質の良い睡眠できれいな肌を目指していきましょう。

 スポンサーリンク

コメントを残す