睡眠と美肌の関係!質の良い眠りでキレイな肌を手に入れよう

スポンサーリンク

 

睡眠にはどんな効果があるのかご存知でしょうか?1日働いた脳や体を休めるため、ストレスを解消させるため、免疫力を高めるためといったことが代表的な理由でしょう。また一説によると、脳の細胞廃棄物を取り除く機会を提供するため、つまり、不要な記憶を忘れさせるために睡眠があるという研究結果もあるようです。更に、睡眠には肌を毎日健康に保つためにも重大な役割があるのです。具体的にどのような効果があるのかついて、学んでいきましょう。

 

 

 

肌のターンオーバーは眠っている間に行われます。ターンオーバーとは肌が生まれ変わるサイクルのことで、一般的には約4週間で肌が生まれ変わると言われています。そして、このターンオーバーは眠っている間の成長ホルモンの分泌によって機能し、日々新しい肌を作ってくれるのです。

 

しかしここで注意していただきたいのは、ただ寝れば成長ホルモンが分泌されるというわけではないということ。成長ホルモンを正常に分泌させるためには深い眠り、つまり質の良い睡眠が求められます。もし、眠りが浅いことなどが原因で正常に成長ホルモンが分泌されなかった場合、肌のターンオーバーも遅れてしまうため老廃物やメラニンの蓄積などにより肌トラブルへと繋がってしまうのです。

 

 

 

深い眠りの時に肌細胞が作られる

スポンサーリンク

 

成長ホルモンを分泌させるには、眠りについてから3時間どれだけ深い睡眠が取れるかによって大きな差が出てきます。

 

そして、この深い眠りを作り出すホルモンがメラトニンという分泌物。別名睡眠ホルモンとも呼ばれています。この睡眠ホルモンによって深い眠りが実現し、成長ホルモンが分泌され肌がきれいになるという仕組みです。ざっくりと説明をすると

 

メラトニンを分泌

 ↓

深い眠り

 ↓

成長ホルモン

 ↓

美肌

 

と言った流れです。

 

メラトニンは主に光によって調節されているホルモンです。朝起きて光を浴びると、14~16時間後に自然と眠くなるしくみです。夜中に強い照明の空間にいるとこのリズムが狂ってしまい、なかなか寝付けない、眠りが浅いなどの問題が生じるのです。また、近年の寝る前のスマホが問題視されているのは、スマホからの強い光によって睡眠の質が低下してしまうことが理由なのです。

 

 

睡眠の質を上げるためには

 

では、睡眠の質を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?これは、日々の生活習慣が大きく関係しています。大切なことは3つ。

 

 

朝一番に体内時計のスイッチを入れる

日中は適度に体を動かす

寝る前はゆったりと過ごすこと

 

 

朝起きたら一番に部屋のカーテンを開け、太陽の光を浴びるようにすることで、体内時計のスイッチが押され1日がスタートしたと脳が認識します。スイッチが押されてから12~14時間後にメラトニンが分泌され、生活のリズムが出来上がります。ただ、これだけでは質の良い睡眠をとることは難しいため、日中は適度に体を動かし程よく体を疲れさせるようにしましょう。

 

寝る前の過ごし方もとても重要です。激しい運動や激しい音楽などは、脳を覚醒させてしまう作用があるので寝る前には避けるようにしましょう。リラックスできる音楽や、薄明るい照明などでゆったりと過ごせる環境をつくることが大切です。また、コーヒーや緑茶などカフェインを多く含む飲み物も、同様に脳を目覚めさせてしまう作用があるので注意が必要です。

 

睡眠の質を上げるための5つの習慣

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?睡眠と美肌の関係はとても深いという事がよく分かりましたね。

 

 

睡眠は美肌を作る上で欠かせない

深い眠りの時に肌が作られる

体内時計を整え質の良い睡眠を

 

 

以上の事を踏まえ、毎日の睡眠できれいな肌を目指していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す