曇りの方が紫外線が強いと言われる理由は?正しいUV対策も

スポンサーリンク

 

3月入ると徐々に紫外線も強くなり、紫外線対策を意識する方も多くなってくるかと思います。

 

ところで、みなさんはこんな事を耳にしたことはありませんか?

 

曇りは晴れよりも紫外線が強い。

 

私は何人もの人から聞いたことがあります。

 

「曇りの方が日に焼けるんだよ~」と。

 

しかし、私はこの言葉を聞く度にいつも疑問に思っていました。

 

いやいやどう考えても、ギラギラ太陽が照り付ける晴れの方が日に焼けるだろう。

 

そこで、実際本当に曇りの方が日に焼けるのかを調べた結果、納得のいく結論にたどり着いたので紹介していきたいと思います。

天気別の紫外線量の指数は・・?

天気別に紫外線の量を見てみると、このような結果になりました。

晴れ  100%

薄曇り 80%

曇り  60%

雨   30%

 

あれ?

 

曇りの方が低いじゃん・・・

 

けど、当然と言えば当然の結果ですよね。

 

雲が、太陽の光を遮っているわけですから・・

 

ただ、やはり曇りの日でも、60%~80%の紫外線は降り注いでいるということです。

 

雲の間から日が差し込むような薄曇りの日は、それ以上と言えるでしょう。

なぜ、曇りの方が日に焼けると言われるの?

スポンサーリンク

記事冒頭でも申しましたように、私は何人もの人から「曇りの方が~」とのお話を伺っております。

 

なぜそのような偽情報(と言ったら聞こえが悪いですが)が出回ってしまったのか。

 

ズバリ、

 

紫外線対策を怠りやすいため

 

だと言えるでしょう。

 

多くの人が、曇りの日に油断して日焼けをしてしまった経験があるからこそ、「曇りの方が日に焼ける」と結論付けられたのかと思います。

 

実際私もそのような経験がありました。

 

曇りの日の午前中に袖を捲し上げて車を洗っていたところ、腕の出ていた部分が真っ赤になっていたのです。

 

その後、黒くなりました。

 

曇りの日の紫外線、侮るべからず・・ですね。

曇りの日の正しい紫外線対策は?

では、曇りの日のUVケアはどうしたら良いのでしょうか。

 

理想としては、

晴れの日と同じようにUV対策をすること!

 

日焼け止めクリームを塗って、サングラスをかけて、帽子を被って日傘を差せば100点です。

 

が、晴れた日でも、ここまでするのはかなり勇気が入ります。

 

なのでせめて、

日焼け止めは塗りましょう!

 

そして出来れば、帽子を被りましょう。

 

曇りの日でも帽子くらいなら全然自然ですし、ファッション性重視のキャップなどでも、あると無いとでは全然効果が違ってきます。

 

極力、周りから見て違和感のないように紫外線対策がしたいですものね!

まとめ

曇りの方が紫外線が強いと言われる理由は、晴れの日よりも油断しやすいからということが分かりました。

 

数値だけ見ればそれは晴れの日の方が紫外線が多いですが、肌をさらしてて紫外線の影響を浴びやすいという点では、曇りの日の方が注意が必要と言えるかもしれませんね。

 

うっかり焼けを防ぐためにも、天気にかかわらず紫外線対策をしていきましょうね^^

 

スポンサーリンク

コメントを残す